足立区の区役所にも太陽光発電の大きなパネルが付いているのを見たことがありますか。
そもそも太陽光発電のメリットは、太陽光発電とオール電化を組み合わせると、自宅の光熱費が削減できるということです。

場合によっては年間約80%くらいは削減できることもあるそうです。
そして、次に大きなメリットは、発電した電気が余ったら電力会社に売ることが可能ということです。
これもちょっとした収入が期待できてうれしいです。
また、それにもまして、最近は電力事情が原子力発電所事故の影響で厳しくなっているので、小さな事かもしれませんが、日本のエネルギー事情の改善に寄与できているなんて、国民としてちょっと誇らしく思ったりできます。
そして、足立区で太陽光発電システムを設置すると国、東京都そして足立区の3者から補助金がもらえたんです。
今年度は予算がなくなってしまったかもしれませんが、多分、こういう措置は来年度も期待していいかと思いますよ。
また、足立区だと自宅というよりもマンションにお住まいの方もおられるかもしれませんが、そういう方でもマンションの住民が共同で太陽光発電システムを設置してもいいんですよ。
今度、管理組合の集会なんかの時に話し合われてもどうでしょうか。
そこで心配なのが太陽光発電システムを設置する時の費用や維持費のことですね。
太陽光発電システムには いろいろなメーカーが参入していますし、施工業者も様々あります。
発電量・品質・補償体制・そして価格など色々選ばないといけないのが頭の痛いところです。
足立区で太陽子発電システムやオール電化の施工をしてくれる会社は多いので やはりそれなりに慎重に探してみることが必要です。
最近は、太陽光発電の訪問販売によるトラブルが増加しているそうで、複数の見積りをとることが必要です。
またネットなどでも太陽光発電に関する仲介をしているサイトもありますから、そういうサイトを利用することも手かもしれません。
そのようなことに注意しながら、太陽光発電を使って、足立区で環境にやさしい生活を実践してみてどうですか。