20年前、結婚で東京に住むことになりました。
最初は土地感がわからなかっただけど、今ではもう自分の第2の故郷って感じで
家族と楽しく暮らしています。

5人家族と人数が多いため、光熱費もそれなりに費用がかかってしまって
家計のやりくりが大変なんですよねぇ。
主人も会社勤めでがんばって仕事をしてくれているのですが
なんとか光熱費を削減できないかと数年考えていました。
近年「太陽光発電」がよくテレビなどで紹介されているので私の家もそうしようかと
主人と話しをしていました。
いつか投資費用が回収されるのであれば「そりゃその方がよい」ということになりました。
ネットでも簡単に見積もりを出せるので、その中で1社に決定しました。
自分の店が発電所になるなんてワクワクしてうれしいです。
余った電気は会社に売ることができるわけですから、光熱費も削減できるので
「これはこの時期にやるべきだわ」と思ったのです。
業者さんに見積もりをとってもらったら、10年後くらいには投資費用は回収されるとの
回答が得られたので安心しました。
補助金制度もあるのでそれもうまく使うことにしました。
我が家はコンクリート造りでけっこう屋根は広いです。
屋根の3分の2くらいのスペースにパネルを設置することにきまりました。
パネルを設置することが決まってから、家族みんな
「自然エネルギー」に関心を持つようになり、
ちょっとしたことでも無駄のないように気を使うようになりました。
いいことですね。
今はまだ準備段階ですが、これから太陽の光で生活していくと思うと
なんだか気が引き締まりますね。
これからは「太陽光発電」のエネルギーを意識して、
家族みんなで楽しく暮らしていきたいと思います。