京セラの太陽光発電の特徴

太陽光発電システムはいくつかのメーカーから販売されていますが、そんな中でも京セラの製品はとても人気があります。
京セラは古くから太陽光発電に力を入れてきたことで知られていて、国内ではシャープに並ぶ古い歴史を持っています。
国内シェアもシャープに続いて2位となっています。
太陽光発電システムを販売しているメーカーにもいろいろなタイプがあり、東芝のように太陽光パネルは自社でつくらずに海外のメーカーに委託しているところもありますが、京セラの場合は電池モジュールの原料であるシリコンの製造から、ソーラーパネル全体に至るまですべての行程を自社で行っているため、製品には非常に高い信頼性があります。
この品質へのこだわりが京セラの人気の一因となっています。
現在、京セラの主力製品となっているのは「SAMURAI」という商品です。
このSAMURAIでは屋根と太陽光パネルが一体感のあるデザインで統一されているので、見た目が非常にスマートです。
太陽光発電システムは太陽光パネルを屋根に設置する必要がありますが、パネルを設置するとどうしても見た目が悪くなりがちですが、SAMURAIではそのようなことがありません。
この一体感のあるデザインは、京セラの独自技術である「ステップスタイル」の採用に理由があります。
ステップスタイルでは太陽電池の形にいろいろなバリエーションを持たせることで屋根の形や広さに合わせた電池モジュールを設置することができるので、見た目が非常に綺麗です。
また、軒先にカバーをすることで屋根と電池モジュールの隙間がなくなり、一体感を持たせることに一役買っています。
また、京セラの太陽光発電システムは設置後も安心して利用できるということも人気の一因となっています。
京セラの太陽電池は品質がとても良く、太陽光電池業界でははじめて長期連続試験に合格しています。
この長期連続試験は一般的な品質基準よりもかなり厳格な試験となっていて、京セラ製品の信頼性の高さを裏付けています。
また、アフターケアも充実していて、京セラの太陽光発電システムは業界ではじめて10年保証を導入したことでも知られています。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>