日本の都道府県の中で最も人口が多いのが東京です。
人がたくさん集まるということは、住宅や企業などの建物もたくさんあります。
それに伴い交通機関も発達しています。

住みやすい街にするためには当たり前のことです。
そうなると必要不可欠なのが電気です。
ビルのネオンやオフィスや電車など様々なところで電気が使われることになります。
電力消費量が最も多い都市といえるでしょう。
その反面、地球環境問題には積極的に取り組んでいます。
ご存知の通り電気は電力会社から供給されています。
石油や石炭や液化天然ガスを燃料にした、火力発電。
核燃料を使用して電気をつくる、原子力発電。
水流を活用する、水力発電。
種類はたくさんありますが今、注目されているのは太陽光発電です。
資源を燃料として使うこともなければ、CO2など環境破壊につながる物質も排出されない発電方法なのです。
そして個人でも手軽に始められるというのも特徴でしょう。
最近では、住宅だけではなく企業もこれを導入しています。
電気も自給自足の時代になったのです。
太陽光発電は屋根に置かれたソーラーパネルを通して、太陽の光を電気に替えるシステムです。
自然エネルギーを有効活用しているので、地球に悪影響を与える心配はないです。
その上、余った電気は電力会社に売ることが出来、経済的にも助かります。
設置コストはかかりますが、長い目で見ると賢い買い物でしょう。
設置コストの回収は目安10年とされていますが、それを大幅に下回るプランもあります。
検討してみる価値はじゅうぶんにあるはずです。