東京で太陽光発電を設置する費用は?

「太陽光発電システムを導入すると毎月の電気代を節約でき、しかも余った電力を売却することで利益が出ることもある」ということを聞いたことがある人も多いでしょう。
「太陽光発電システムの導入によって本当に収益を得られるのならば、我が家にも太陽光発電システムを導入したい」と考えている人もいるでしょう。
しかしながら太陽光発電システムは設置費用がかなり高額になるので、実際に導入するのにどのくらいの費用がかかるのか不安に感じている人もいるでしょう。
たとえば、東京で太陽光発電システムを導入する場合にはどのくらいの費用が必要になるのか、おおまかに見てみましょう。
現在、太陽光発電システムの導入費用は「1kw当たり55万円」が一つの目安となります。
この価格には太陽光パネルなどの機器の価格や工事代金も含まれます。
ですから、55万円に導入するシステムの発電能力を掛けあわせたものが一応の導入コストの目安ということになります。
現在、家庭用の太陽光発電システムとして使われているのは4kW程度の製品が多いので、この場合には55万円×4kWで220万円ということになります。
さて、4kWシステムの設置の目安として220万円という数字が出てきましたが、これがこのまま設置費用となるわけではありません。
というのも、国や地方自治体などでは太陽光発電システムの設置に補助金を支給しているからです。
ですから、実際に設置コストは220万円から補助金の額を引いたものとなります。
受け取ることの出来る補助金の額はお住いの地域によって異なりますが、たとえば東京都の大田区の例を見てみましょう。
まず、国から受け取る補助金の額は1kW当たり3万円もしくは3.5万円となっているので、4kWシステムでは12万円、または14万円の補助金が支給されます。
また、東京都からは1kW当たり10万円が支給されるので4kWで40万円となります。
さらに大田区からは1kw当たり5万円、4kWで20万円の補助金となり、3者から合計で70万円以上の補助金を受け取る事ができます。
つまり、設置費用は220万円から70万円を引いた、150万円となるわけです。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>