東京都葛飾区で太陽光発電を行うメリットとしては、補助金が充実していることが挙げられるでしょう。
太陽光発電設備を導入する際の補助金としては、日本という国全体としての補助金と、
都道府県としての補助金と、市区町村としての補助金が存在しており、
これらは重複して受け取ることが可能になっています。
ですから、最大で、3つの補助金を受け取ることが可能です。
しかし、実際には、都道府県や市区町村としての補助金というのは用意されていなかったり、
極端に予算枠が狭くてすぐに申請が締め切られてしまったりするので、
3つの補助金を受け取ることができず、1つか2つの補助金しか受け取れない場合も多くあります。
その点、葛飾区であれば、国としての補助金も、都としての補助金も、葛飾区としての補助金も、
全てきちんと用意されているので、かなりの額の補助金を受け取ることができるのです。
受け取れる補助金の額は、設置キロワット数によっても異なってきますが、
3.5キロワットの場合で、75万円前後の補助金を受け取ることができます。
太陽光発電設備導入の際にかかる初期費用としては、
だいたい平均的には200万円台前半程度だと言われていますから、
75万円前後の補助金をもらえるということは、
大体、かかる初期費用の3分の1くらいの額を補助金でまかなうことができるということです。
これなら、費用の負担感はかなり軽くなって、太陽光発電設備の導入をしやすいのではないでしょうか。