最近、東京都内にある住宅や企業の建物や敷地などで太陽光発電が導入されつつあります。
その理由として考えられるのが、地球環境の保護と、2011年に起きた東日本大震災の原子力発電所の稼働停止による節電要請があげられます。
太陽光発電は、太陽光モジュールと呼ばれる機材を建物の屋上や、空いた土地などに設置して太陽の光を受け、その太陽熱エネルギーで電力を発生させる発電方法です。

この発電方法の設置に対して、国や東京都では、新たに設置する人を対象に補助金を支出して、設置の促進を図っています。
さらに、太陽光発電は、地球の環境に優しいクリーンな発電方法なので、地球温暖化の防止にも役立ちます。
そして、電力の消費者自ら発電を行うという面で、節電要請にこたえることができます。
さらに、日中にためた電力は夜間に使用できるため、家庭や企業での電気代の節約にもなります。
また、その電力を電力会社へ売却することも可能です。
この売却システムを利用することで、社会に対する電力供給にもなりますし、設置コストの回収にもつながります。
また、停電時にためておいた電力を使用することもできるため、携帯の充電などもでき、非常時に役に立ちます。
このようにたくさんのメリットのある発電方法なので、東京都各所では、どんどん太陽光発電を取り入れる人が増えています。
また、都内の空いた土地を利用して、大規模太陽光発電所を建設する計画も立てられており、新たな発電方法としての太陽光発電の利用が期待されています。